コンピュータウイルス

Posted under by nettlethrone.com on 水曜日 12 3月 2014 at 7:02 AM

【コンピュータ・ウイルス】
コンピューターウイルスとは、他人のコンピュータ(主にPC)に勝手に入り込み、バグやデータの破壊などといったことをはたらくプログラムのことをいいます。
ウイルスにはさまざまな種類があり、画面表示をぐちゃぐちゃにしたり、無意味な単語羅列、ディスクに保存されているファイルを破壊したりといったものなどがあります。
これらのウイルスはウイルス対策をしていないPCに、主にDL(ダウンロード)したファイルに潜んでいることが多いですが、最近ではE-mailを介して感染するタイプの「ワーム」というタイプのウイルスも存在します。

【ウイルス対策ソフト】
コンピュータウイルスを除去してくれるのが、このウイルス対策ソフトです。あくまで総称で、ウイルスに感染したコンピュータのファイルを修復してくれ、そのコンピュータを感染前の状態に戻してくれるアプリケーションをまとめて「ウイルス対策ソフト」といいます。
このウイルス対策ソフトは、これまでに出回ったウイルスの検知パターンとファイルを比較してウイルスを発見するので、まだ検知パターンが確認・登録されていない新種のウイルスを検出することは難しいとされています。

最近市場に出ているPCは、タイプに関係なくほとんどのPCがウイルス対策ソフトがDLされた状態で販売されています。

OUT LINK


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。